プロフェッショナルになるということ!

JRA競馬の騎手で「武 豊」と聞けば誰しもがわかるほど有名な人物である。どの世界でも一番を極めるというのは並大抵の事ではない!またプロになったとしてもそれによって生計を立てるというのは容易なことではない。
なぜこんなことを書くかというと、来店者に白井の競馬学校の研修生が2人訪れた。歳でいうと中学生ですね。地方から競馬騎手を目指して住み込みしているのだ。順調にいけばあと3年ほどでデビューということになる。なぜ温どこに来たのかと聞くと「新陳代謝が上がり、また高温でなくても冬でも汗をかくことができると聞いたので。」という返答だった。何という体調管理を考えた中学生なのだろうと感心した。さらに話を聞いてみると、日々、体重と体調との戦いだと言う。同じ同期で競馬学校に入った仲間もそれが辛くて辞めていく者もいるという。今では5人しか同期生はいないそうだ。彼らは夢に向かって走ることを止めない。止めたらそこで全ておしまいだからだ。家族から離れた14~15歳の彼らに備わったメンタルはとてつもなく強い。その道でプロフェッショナルになるということは「心・技・体」が備わっていることなんですね。プロサッカーの久保選手もそうですが、低年齢であってもメンタルの強い人間は何かを成し遂げるのでしょうね!継続は力なりです。壁の向こうを見るために決してあきらめずに続けることが大切なのですね。

この記事へのコメント